ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月以降のライブスケジュールから。
14_7_12_live2.jpg


私のライブは、ジャズバーのようなライブハウスが多い。

何しろ、バンドの名前も

Old men`s Jazz&Blues Mind なので、

当然にジャズ色は強いが、でも決して、ジャズオンリーと云う訳ではない。

何しろ20代はビッグバンドのトロンボーンプレイヤーから、
ガチガチのジャズトロンボーンを目指し、
その中でも、特に前衛色の強いフリージャズなどにも傾倒していった。

しかし、30代は黒人色の強い音楽に憧れ、ブルースやリズム&ブルースまで、
私のバンドはディスコにまで出演するようになる(勿論、食う為でもあった)。

そして40代には、自分で詩を書き、曲を作る、ライブでは自分の音楽が中心。
ただ、食を得るためには、オールディーズのライブハウスなどの出演もした。


そして20余年のブランクから、ボーカルでジャズバラード中心の、
今の音楽に代って来たのだ。


ただ、自分の歩んできたことには嘘は着けない。

私の中には、間違いなく、ブルースもあれば、ラテンもあり、ビッグバンドジャズもある。

R&B等は、私のボーカルとしてのキャリアスタートであり、
それだけに、外せない音楽なのかもしれない。

そこで、最近は肩を張らずにブルースやR&B等の音楽もやろうと思っている。

そして、何よりも、一緒の行動を共にするメンバーだが、
ベースの高木伸治、ドラムの岡林邦和を除く、
ギター上野登弘はロック、後藤卓司はブルースと言って良いだろう。

ギター(ソロ)プレイヤーがジャズではないのだから、バンドの色もジャズ的ではない。

むしろ、ジャズのスタンダードやバラードを演奏するブルースバンドだろうか。


今度のライブは 9月29日(月)、四谷の「メビウス」だ。

そして、10月25日には神田「学士会館」でのライブショーである。

3か月に1回ぐらいのペースだが、今後はブルース色が強いものになるだろうか。

14_7_12_live1.jpg

時間の取れる方は、釣りの話ばかりするかも知れないが(笑)、
是非、四谷の「メビウス」にご来場ください。楽しいステージをお見せします。




続きを読む
スポンサーサイト

パパの八丈島ライブ
さてさて、5月27日(火)は、いよいよ地元八丈島のライブハウス「ポットホール」でのライブ。

18:40 開場 19:40 開演

パパライブ



島に住んで24年です。

お世話になった島の人への恩返しのつもり。

懐かしいジャズ。心温まるメロディー、昔のバンドマン時代の笑い話。

そして2部は、リズム&ブルースで盛り上がり、
最後は抱腹絶倒のステージです。

手前味噌ですが、これぞプロのエンターティーメント、最高に盛り上がるでしょうか。

まだ見ていないお客さんは、是非とも。

東京からのお客さんも大歓迎。

04996-2-3888パパズインに電話頂ければエアチケットの手配も。




パパのライブスケジュール
papa

Old men Jazz&Blues Mind

3月と5月のライブ告知です。

3月5日(水)

四谷メビウス(パパの、早めの誕生日ライブ) 

http://www.mebius-yotsuya.jp/


開場7:00 開演7:45

今回はJAZZスタンダードのナンバーだけではなく、ソウルフルなR&Bナンバーも加えました。

ジャズ、R&B共に、洒落たオリジナルアレンジで仕上がっています。

バラード中心ですが、後半は抱腹絶倒、愉快な盛り上がり。

パパの、肩の張らない楽しいエンターティーメントをお楽しみ下さい。


演奏曲目

1st・ジャズステージ


Stardust

I left my heart in san francisco

Smoke gets in your eyes

monaliza

Too young

autumun leaves



2nd・R&Bステージ


Rainy night in georgia

My girl

dock of the bey

Stand by me

Over the rainbow

Route 66 メドレー など


メビウスのアクセス&Map

住所
東京都新宿区舟町8 舟町ビルB1
電話:03-3341-3732
電車でお越しの方へ
営団地下丸の内線 四ッ谷三丁目駅 徒歩3分
都営地下鉄新宿線 曙橋駅 徒歩3分

メビウスMAP

(まあ、新年会も兼ねた誕生パーティー、みたいなモノ。気楽に来てください)


5月28日(水)

八丈島ライブハウス・ポットホール

島に来られるお客様はパパズインに。

04996-2-3888  info@papasinn.com





テーマ:JAZZ VOCAL - ジャンル:音楽


いよいよ島でのクリスマスライブです。
いよいよ、12/18(水)が「パパのジャズでクリスマスな夜」のライブです。

まあ、25年ぶり復活ライブから、既に都内で数回、青森三沢のライブハウスなどでも、
少しずつです・・・(この年で成長はないよね~)。

何時もはバラード中心なのですが、クリスマスと云う事で、
楽しいクリスマスソングのメドレーを始め、少々アップテンポの曲も加えました。

楽しく、懐かしい話に加え、昔のキャバレーやダンスホールの雰囲気を満載したステージ。

アレンジワークも冴え、加えてちょっぴりオールディーズなロックンロール味付けも。

そんな中にも、楽しく温かみのある味わい、泣けてくる情感。それがパパのステージです。


八丈島に来られるお客様は、羽田発で
7:30 12:15 15:50
帰りは、八丈発(フライト時間は40分)。
9:00 14:10 17:20


前もってパパズインを予約いただければ、チケットも此方で手配いたします。

04996-2-3888

angler88@biscuit.ocn.ne.jp



星降る南の島で、パパと迎えるクリスマスも、中々楽しいでしょうか。
(終わってからメンバーが酔いつぶれるので、打ち上げは何が飛び出すか?)




セットリストは

1ST セット

Monalisa

I left my heart in sanfrancisco

Smoke Gets In Your Eyes

Over the rainbow

Too young

Autumn leaves

Rainy night in georgia


2nd セット

Star dust

X'mas メドレー
Sant clows is coming to town
Little drummer boy
White christmas
silent night
jingle bells

Rout66 (jonny B good バージョン)

星空メドレー


pio

島では2回目のライブ、未だパパのステージをご覧になってない方は是非に。










テーマ:JAZZ VOCAL - ジャンル:音楽


ライブを終えて
都内のライブは24年振りだろうか。

尤も再スタートから、たった3回目のライブのうえに、
24年も休業し、68歳になって忘れた頃に、再びの音楽活動なのだ。

普通であれば、これ以前にリタイヤする。

その後は、せいぜいアマチュア的な活動となるのだが、
本人はいたって軒昂、「アマチュアの音楽はやるつもりがない!」なのだ。

しかも、歌は特別に上手いと思っている訳ではないので、
それで極上のステージと言うのはおこがましいにも程がある。

元々、レコーディングしたり、音を残すことにコダワラナイのは、
それは、見て、そして感じて頂く、そんなインターテーメントだ。

昭和のジャズバラード、そんな音楽であるから、
それは、懐かしく、そして優しく、温かく、心を込めて歌い上げる。

今更、この年になって技術など云々ではないのだから。


そして今回のライブは。


初めて聴くのお客さん、24年ぶりに聴くお客さん。

手前味噌な評価になるが、皆さん喜んでくれたと思う。

「パパ~、懐かしくて、物凄く良かった」

「パパ~、昔よりもジーンときた」

「パパ~、初めて聞いたけど、すごい感動した」

「パパ~、最後は泣けてきた」

まあ、多少の持ち上げもあるのでだが、それでも身動き一つせず、
食い入るように聴き入る姿は、ステージからも感じ取れた。

勿論、完全なステージからは程遠いし、絶頂期の声ではない。

リハーサルの力が入りすぎ、声を枯らしてしまうアクシデントもあった。

それでも、賢明さの伝わる、心のこもったステージは出来たろうか。



今回、ライブハウスが超満杯になるという程ではないが、
それでも、沢山のお客様に来て頂き、感謝の気持ちもいっぱいである。

そして、皆さんの応援があって、ようやく再スタートが切れたと言う実感だ。


パパのライブ・ダイジェスト


今度のライブは11月15日(金)に、同じ「代官山ライブハウス・シンプルボイス」になる。

島に戻って、さっそく次のライブに歌う曲のイメージを膨らませる。


そして、アレンジを始めた。

ジャズの定番である、「フライ・ミー・トゥーザムーン」と「枯葉・Autumn Leaves」だ。

小編成で、シンプル、その上に凝ったアレンジだからギター、ベースは、
殆どが音符書きで、コードが書かれるのはわずか。

シンプルで、格調の高い和声は余分な音を省きしっかり組み立てないと、
温かく包むようなアンサンブルにはならない。

その分、演奏家であるメンバー達は大変だろうか。

聞きに来られる皆さんは、是非に期待して頂きたい。

70歳に向けての再スタート、まだまだ錆は落ちていない。

しかし、この心だけは、懸命に伝えたいものだ。


テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。