ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


釣り具の進化は小物にまで
釣りは様々である。

その中で、一般的に職業漁師たちの間で行われる「漁」は、
あくまでも、釣るプロセスや、その行為を楽しむ、なんて事は度外視し、
とにかく商売であるから、採算性が大事であり、
そこに「楽しむ」なんて気持ちは存在しないかも知れない。

しかし、我々のようなアマチュアの釣り(レジャー)の場合は、
そこに「如何に楽しむか」という心の部分もでてくるだろう。

魚一つ一つに個性があり、その釣り方が研究され、それを楽しむために
釣り道具が研究開発されてくるわけだ。

そして、その道具にも技術がこめられ、釣り方(技量)も研さんされ
進化していくのだろう。

長い能書きになったが、私も長いことつりをやっていて、
特にこの20年は、ジギングのパパとして、この釣りの普及や、
タックル、そしてアングラーの技術向上にも関わってきたつもりである。

PEラインと云う新素材のラインの出現から、この釣りが大きく変わり、
その素材をより生かすための、ルアー(メタルジグ)や、最近では
環境配慮した鉄素材のルアーなど。
ロッドにも多くのタイプが出来て、
多くのメーカーから研究開発されたものがリリースされている。

そのなかで、このところは凄いと思える小物も多い。

ひとつは、ラインのノッターである。
強度のある結びを、手早く簡単にできる代物で、優れモノだ。

さらに、もうひとつ、地味ではあるがスイベルの進化だ。

私が最も気を使うのは、タックルのバランスだが、魚の口元から考えると。
まずはフック。その次がスプリットリング、そしてルアーのアイ。その次が、
ルアーとリーダーをつなぐスイベルだろうか。

ルアーフィッシングの中で、近海の浅場での釣りや、ライトタックルでは、
個人的にも、スイベルを使うことが少ない。

しかし、通常のジギングで少なくても50メートル以上の水深から、
大型を引き出すような、ジギングでは魚のやり取りを考えるとスイベルは欠かせない。

しかし、強度のあるものはサイズがありすぎる。

魚にとっても、余分に大きいものを付けるのは、その警戒感もある。
メタルジグの動きに対して制約を与えるようなものは付けたくない。
誰でも、出来るだけ小さいものにしたいだろう。

まして大型の対応であれば、ローリングスイベルだが、
求める素材は、さびにくいものでなければならないし、
ローラーがスムーズでなければいけない。しかし、
スムーズなローラーは大きくなり、抵抗が大きくなるジレンマだ。

しかし、青森で大型のマグロを釣って実感したのが、このスイベルの進化だった。

写真で見て頂きたいが♯2と云う大きさで強度表示は73キロ(160LB)だった。
この時に使ったスプリットリングは220LB、リーダーは200ポンドで考えると、
このスイベル(カルティバのタフステン)の160LBが、
如何に表示強度では弱いかが判るだろう。

そして、その釣ったマグロが113.6キロであるから、明らかにオーバーバランスのはずだ。

しかし、この9時間余のファイトの中で、メタルジグのアイはすんでのところまで伸びきり
(これはアイがプレートになっている鉄ジグのスイムライダーだったから耐えた)、
ラインはチリチリ(これもバリバスの8本よりのアバニだから耐えたと思う)にヨレ、
リングもアワヤという所まで伸びていた。
しかし、表示では弱いはずのスイベルは見事なまで堅牢だったのだ。

写真で、そのサイズを見て頂きたいが、
これは、小さいスイベルを使いたいが、
強度が気になるアングラーには何よりも福音だ。

多くの釣りカテゴリーはあるが、その方向は
如何に軽く、柔(やわ)と思われるタックル、更に細いラインで、大型の魚を釣るか?。
それが、釣りの楽しみ方の中で大きく占める部分にもなっている。

それにしても、釣り道具の進化は、こんな小さな所にまで及んでいるのですね~~。

この写真には、フックがバリバスのセリオラ「papa style」を使っていますが、
これは、パパのフックに、余って使い捨てるようなPEのラインで
アシストフックを作って使っています。

そして、このアシストフックの簡単な作り方を、パパが YUOTUBE の動画で
紹介しています(たぶん、これを見れば簡単に作れます。参考にしてください)。



09_3_26_papa_maguro_tackle.jpg

09_3_26_papa_fook.jpg










スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用


尾長メジナ(オナガグレ)、内藤君の独り舞台
内藤君。八丈小島のシモダテに渡船のつもりが、あまりにも人が多すぎた。

そこで、譲る気持ちで中根に渡礁。

その謙虚さが良かったね~。

オナガの60センチにチョイ欠けるサイズかな~、そんなのが3尾。
50センチ以下は数尾リリース。他シマアジ。

私達は、一応なまいきに50センチ以下はリリースを提唱している。

八丈島のような、こんなすごいフィールドでは威張れるのは50センチだろう。
何時までも、楽しい釣りを続けるためにも、なるたけ。

でも、始めての方や、島でキャリアの少ない方は、
もち美味しい魚だから、持って帰って~。

この島は、少し覚えたら誰でも50センチの可能性はある。

もちろんパパズインではガイドもします。釣らせます!。

そしたら、初めて50センチ以下のリリースがステータスになるのです。

誰でも写真のようなオナガメジナは可能性があるのです。

(パパのガイドで誰でも50センチは可能性が高いのです)


naitoh


内藤君の動画はこちら」



パパズインへのお問い合わせ

info@papasinn.com 04996-2-3888

パパズインはペンションです。パパズインのホームページを覗いてみましょう。
アドレスは「暇でもパパズインどっと混む」(笑うところですが) http://papasinn.com



テーマ:八丈島の釣り - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。