ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出漁率
釣り後家と言う言葉がある。

これは釣り好きが嵩じて、留守がちになってしまう事を言うのだろう。

しかし、遠洋マグロの漁師ならいざ知らず、釣りで何日も留守なんてのは相当釣り好きだ。

私のように、海外や日本各地の取材などで駆り出されても年間で数回、長くても10日間ほどの留守だから、それだけで生活の糧に出来るようなものではない。

八丈島は、黒潮本流に近い離島であるから、魚影は濃い。

しかし、年間で3300mmもの降雨量であるから、他に比べれば時化も多い事になる。

島の漁師たちの出漁率の平均が20パーセントと言われるから、相当に海に出ている真面目な漁師でも100日、3割に満たないと言う事になる。


島でガイド業をしている私だから、海に出る事も多い。磯釣りであれば圧倒的に冬季。

渡船もシケがあるので毎日出るわけではない。冬場の海の荒れる時期で風裏を探して入る。

お客さんがいなくても、自分1人で行く事もあるから、まあそれでも2日に一回のペースであろうか。


春には、お客さんのいないときはカツオ漁の手伝いで船に乗る事もある。しかし大概は船釣りガイド、ジギングガイドだ。それでも、シケがあるので、2日か3日に一回のペースで多い方かもしれない。

夏場は、やはりジギングやエサ釣りのガイドだが、トローリングガイドもある。海もナギなので、ほぼ毎日のように沖に出る。それでも台風等があり、昨シーズンは少なかったが8~9月で15日はつぶれたろうか。

ちなみに台風の時は、風裏の磯釣りだって、絶対に出来やしない(夏場は磯釣りが少ないが)。

秋は私の好きな季節だ。台風も後半は減り、出漁率は上がる。

それでも3日に一回のペースだろうか。

毎日出ていてるようでも、シケが3日も続くことがある。


秋から冬にかけては、船釣りの他に磯ガイドも多くなり、まあ2日に一回のペースで海に出るだろうか。

でも、これだけ毎日のように海に出ているようで、360日の内で半分釣りに出るのは至難の事だ。

それは、釣りを職業にしても、30パーセントの出漁率で凄いと云う事になる。

もっとも、港内でルアーテストしたり、お客さんのサビキ釣りを手伝ったりは回数にな入れないが(笑)。


我が家では、家内は釣り後家かもしれない。しかし、釣りを職業にしているからで、海に出れない時化の時でも、毎日のように海を見回り、港に係留している船に気を配る。

ガイド業はお客様の安全にも気を配る為に、常に何処の磯には何人、何処の防波堤には何人、渡船は何人出かけたか、そして、沖に出た時には船から、磯場の状態に気を配って眺める。

そして、原稿の終われる日々であるから、それはパソコンを前に座る時間も多い。

とにかく寝ない男だから、一日の平均睡眠時間が5時間。

それでも出漁率30パーセントだ。

same

(途中で糸を切りたいところだが、お客様の要望もあって、安全を考えながらキッチリと船上に釣り上る)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。