ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大事なのは設計図を描くこと。
ライブ演奏での質と言うのは、それぞれの音楽で違う視点捕えられるだろうか。

動きやエンターテーメントを、視覚で訴える部分も多い音楽。

また、目をつむって聴覚に神経を集中するような音楽。様々だろう。

私の音楽は、ジャズのバラード中心であり、静かな音楽だ。

しかし、「昭和のジャズ」と謳っている部分もあるので、語りなど、
エンターテーメントの占める部分も欠かせないと思っている。

私のような、小編成にジャズのイブと言えば、
セッションが主流だろうか。

それは、研ぎ澄まされた神経を集中し、プレーヤー同士が、
音、リズム、スケール、そのテクニックに心を込めて競い合う。

そんなスリルが堪らないだろうか。


しかし、私のジャズはボーカルバラードが中心の静かなもの。

静かに酒を飲みながら聞くのも良し、おしゃべりも含めた、
全体のステージパフォーマンスを楽しむも良し。
また、音量が張らない分、眠くもなる。そのまま眠るのも良しだ(笑)。

そして、メンバーは実力者揃いだが、それでも生粋のジャズプレーヤーだけでは無いので、
その辺りは、ジャムセッションのような感じの音楽はやりたくない。

そして、私はこのバンドではボーカルだが、本来はコンポーザーや作編曲家でもある。

そこで、殆どがジャズのスタンダードナンバーだが、アレンジを加え、
それがオリジナルティーになっているだろうか。

小編成の音楽ほど、豊かな音を聴かせようとするとアレンジが重要だ。

ベースラインに重ねる和声も、ただコードネームを書くのではなく、
一個一個の音をシンプルに、省く音を吟味し重ねる。

絶対にコードネームだけでの演奏では上質な音楽は成り立たない。


昨日、おなじみの「サマータイム」「フライ・ミー・トゥーザムーン」
そしてシャンソンとしてだけではなく、ジャズのスタンダードではお馴染みの、
「枯葉」3曲のメドレー。そのスコアーが出来上がった。

それを、ようやくベースパートを書き終えたが、何か久々に昔を思い出す。

むかし、私のバンドのベースギタープレーヤーは皆泣かされたろうか。

特にベースは、殆どコードネームが少ない。

ランニング部分でさえ、ギターとキーボードの引く音を制限するので、
その分、アドリブ的なベースランニングでは豊かなサウンドにはならないのだ。

その為に、音符で書かれた部分が多くなると、クラシックの演奏家ほど、
譜面に馴れてないジャズプレーヤーは相当苦労する。

そのジャズスケールで飾られた音符は、
うたばん(歌謡曲やポップスのバック)の演奏や
通常のスタジオ録音の比ではないことも多い。

技術的にも、かなり難しいのだ。

今回、書き終えたベースの譜面を見て、
その表現されるであろう音が鮮やかに浮かんでくる。

私の音楽で大事なのは、設計図を描くこと。

バンド活動をやめて24年。それからの復活だったが、
まだ腐っていないかも知れない。

fumen








スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽


ライブを終えて
都内のライブは24年振りだろうか。

尤も再スタートから、たった3回目のライブのうえに、
24年も休業し、68歳になって忘れた頃に、再びの音楽活動なのだ。

普通であれば、これ以前にリタイヤする。

その後は、せいぜいアマチュア的な活動となるのだが、
本人はいたって軒昂、「アマチュアの音楽はやるつもりがない!」なのだ。

しかも、歌は特別に上手いと思っている訳ではないので、
それで極上のステージと言うのはおこがましいにも程がある。

元々、レコーディングしたり、音を残すことにコダワラナイのは、
それは、見て、そして感じて頂く、そんなインターテーメントだ。

昭和のジャズバラード、そんな音楽であるから、
それは、懐かしく、そして優しく、温かく、心を込めて歌い上げる。

今更、この年になって技術など云々ではないのだから。


そして今回のライブは。


初めて聴くのお客さん、24年ぶりに聴くお客さん。

手前味噌な評価になるが、皆さん喜んでくれたと思う。

「パパ~、懐かしくて、物凄く良かった」

「パパ~、昔よりもジーンときた」

「パパ~、初めて聞いたけど、すごい感動した」

「パパ~、最後は泣けてきた」

まあ、多少の持ち上げもあるのでだが、それでも身動き一つせず、
食い入るように聴き入る姿は、ステージからも感じ取れた。

勿論、完全なステージからは程遠いし、絶頂期の声ではない。

リハーサルの力が入りすぎ、声を枯らしてしまうアクシデントもあった。

それでも、賢明さの伝わる、心のこもったステージは出来たろうか。



今回、ライブハウスが超満杯になるという程ではないが、
それでも、沢山のお客様に来て頂き、感謝の気持ちもいっぱいである。

そして、皆さんの応援があって、ようやく再スタートが切れたと言う実感だ。


パパのライブ・ダイジェスト


今度のライブは11月15日(金)に、同じ「代官山ライブハウス・シンプルボイス」になる。

島に戻って、さっそく次のライブに歌う曲のイメージを膨らませる。


そして、アレンジを始めた。

ジャズの定番である、「フライ・ミー・トゥーザムーン」と「枯葉・Autumn Leaves」だ。

小編成で、シンプル、その上に凝ったアレンジだからギター、ベースは、
殆どが音符書きで、コードが書かれるのはわずか。

シンプルで、格調の高い和声は余分な音を省きしっかり組み立てないと、
温かく包むようなアンサンブルにはならない。

その分、演奏家であるメンバー達は大変だろうか。

聞きに来られる皆さんは、是非に期待して頂きたい。

70歳に向けての再スタート、まだまだ錆は落ちていない。

しかし、この心だけは、懸命に伝えたいものだ。


テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。