ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


四谷メビウス、青森三沢の North40-40のライブを終えて。
ライブは、どっかで必ずトチリがある。

まあ、それがライブの良さつったら、そうだが、そりゃ言い訳だワイ。

それ程、完璧主義ではないが、それでもプロなら許されない。

嗚呼、プロとは言っても、今は年に4~5回やるライブ。

それも20年以上のブランクがあってだ。

昔のように、月のうち20日以上もも数やってた時代は、そりゃバリバリで、
そりゃメンバーもプロ意識が高い。

それでも、これからは、そんなミスを如何に少なくしていくかだろう。


いつも言うが、書きもののミスは回収すれば済むが、音は空気だ。

いったん出した音は回収できないのだから、手直しも出来ないのだ。


メビウスでは、曲途中にコードのずれから迷子になってしまう。

何とか、戻したが、チョイ汗がたらたら。


青森の三沢では、アップテンポの曲の出だしで、コードが4度ずれる。

そのまま元の戻せず、汗がたらたら。


そして、メビウスでは、釣行後で風邪っ引きの体調不良。

三沢では、青森フィッシングショー後でトークショーで喉がガラガラ。

どちらも飲み過ぎだが、これこそ!、そんなの言い訳にもならない。


まあ、此処まで言うのは、やはり自分に厳しく。

完成された音楽を望むからだろう。


ただ、手前味噌だが、お客さんはみな喜んでくれた。モチ、お店の評判も上々。


パパのライブは「楽しくなければ音楽じゃない」が身上だ、
お酒を飲みながら、ユッタリ聞くのがパパのジャズ。

バラード中心だが、後半は抱腹絶倒にノリノリで終わる。

mebi



一度、来て頂いて感じて貰うのが一番だろう。

三沢では、40分と云う短いステージなので、聴き足らないところはあったとおもうが、
それでも皆さんの暖かい声援を、大いに感じた。

misa


さてさて、5月27日は、いよいよ地元八丈島のライブハウス「ポットホール」でのライブ。

18:40 開場 19:40 開演

pa


まあ、島に住んで24年。

お世話になった島の人への恩返しのつもりだ。

懐かしいジャズ。心温まるメロディー、昔のバンドマン時代の笑い話。

会場一体になって盛り上がるだろうか。



東京からのお客さんも大歓迎。04996-2-3888パパズインに電話頂ければエアチケットの手配も。






スポンサーサイト

テーマ:JAZZ VOCAL - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。