ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月29日のライブ
9月29日、四谷「メビウス」でのライブ告知です。


スローなジャズナンバー、
誰もが聞いたことのあるバラードが中心なのですが、
2部構成で、今回は2部にノリノリのR&B(リズム&ブルース)のメドレーもあります。


決してコミックバンドではありませんが(笑)、それは楽しいステージ。



パパのブルージーな歌声と、エンターティーメントの世界をお楽しみください。


オールディーズ・ブルース・キャンペーン


First half

* Star Dust
* Mona Lisa
* I left my in sanfrancisco
* Too Young
* Autumn Leaves
* Over the reinbow



second half

* Rainy night in Georgia
* R&B medley
Dock of the bey
Stand by me
Can't Turn You Loose
ダンス天国
* Smile
* rout66




当日、パパは与那国島からトンボ返り、多分台風で散々かもしれません。

そんな釣りの話も満載ではないでしょうか。






スポンサーサイト

9月以降のライブスケジュールから。
14_7_12_live2.jpg


私のライブは、ジャズバーのようなライブハウスが多い。

何しろ、バンドの名前も

Old men`s Jazz&Blues Mind なので、

当然にジャズ色は強いが、でも決して、ジャズオンリーと云う訳ではない。

何しろ20代はビッグバンドのトロンボーンプレイヤーから、
ガチガチのジャズトロンボーンを目指し、
その中でも、特に前衛色の強いフリージャズなどにも傾倒していった。

しかし、30代は黒人色の強い音楽に憧れ、ブルースやリズム&ブルースまで、
私のバンドはディスコにまで出演するようになる(勿論、食う為でもあった)。

そして40代には、自分で詩を書き、曲を作る、ライブでは自分の音楽が中心。
ただ、食を得るためには、オールディーズのライブハウスなどの出演もした。


そして20余年のブランクから、ボーカルでジャズバラード中心の、
今の音楽に代って来たのだ。


ただ、自分の歩んできたことには嘘は着けない。

私の中には、間違いなく、ブルースもあれば、ラテンもあり、ビッグバンドジャズもある。

R&B等は、私のボーカルとしてのキャリアスタートであり、
それだけに、外せない音楽なのかもしれない。

そこで、最近は肩を張らずにブルースやR&B等の音楽もやろうと思っている。

そして、何よりも、一緒の行動を共にするメンバーだが、
ベースの高木伸治、ドラムの岡林邦和を除く、
ギター上野登弘はロック、後藤卓司はブルースと言って良いだろう。

ギター(ソロ)プレイヤーがジャズではないのだから、バンドの色もジャズ的ではない。

むしろ、ジャズのスタンダードやバラードを演奏するブルースバンドだろうか。


今度のライブは 9月29日(月)、四谷の「メビウス」だ。

そして、10月25日には神田「学士会館」でのライブショーである。

3か月に1回ぐらいのペースだが、今後はブルース色が強いものになるだろうか。

14_7_12_live1.jpg

時間の取れる方は、釣りの話ばかりするかも知れないが(笑)、
是非、四谷の「メビウス」にご来場ください。楽しいステージをお見せします。




続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。