ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャズと発音
再びライブ活動を始めて1年を過ぎた。

古希からの再出発だが、まだ他人(ヒト)に認めてもらい程のレベルじゃない。

でも、幾ばくかのお金を取って聴いて頂いてる限りは、其処はプロでなければ恥ずかしい。


最近、フェイスブックで昔の仲間や、ミュージシャン、シンガーの方とも繋がるようになった。

先日、ギターの宮野弘紀とつながり25年振りの旧交を温めた。
(と言っても彼は僕のバンドのメンバーであったこともありけっこう後輩だが)

まあ、次回に競演する約束で、FB上だが、話を出来たのも嬉しい。


FBの使い方は、皆さんそれぞれだが、日記的な使い方をしている方も多く、
それを読むのは興味深い。

あまり愚痴になったり、批判的になるのは避けてしまうが、
ミュージシャンなりの切り込んだ言い回しだと、特に楽しい。


実力派の女性ジャズシンガーに高樹レイさんがいる。

多くの実力派、ベテラン演奏家との共演が多く、
その歌唱力にも定評がある。

彼女の「深夜のぼやき」、これは楽しい。いや、勉強にもなる。

先日だが、日本人歌手の発音にぼやいていた。

其処には、僕ら日本人が英語の歌を唄う時、
その発音のくせとか気付かずにやってしまう、日本人独特のナマリ、
みたいなものに、鋭く切り込んでいた。

実は、私もそんなひどい英語で歌う一人かも知れない。


半年ほど前だが、代官山でのライブに、友人のドラマー海老沢一博氏と
君子さん夫妻が聞きに来てくれた。

まあ、昔からの仲が良い友人なので忌憚のない意見だろう
「ツル~、お前、発音が悪い。ナマリが酷い」こんな指摘だ。


確かに、彼らのように長いアメリカンライフを過ごしてきた訳では無い。

英語の歌詞と睨めっこ、何回もレコード聞き返して覚えた歌。

それを25年振りで歌ってる訳で、その癖(なまり)が、さび付いたままで取れてない。


ただ、友人の意見は真摯に聴きたい。

このままで済ますつもりはないので、今更だが猛勉強を始める。

英語の先生の前で、一曲一曲歌って、その発音の矯正を始める。

時間が掛かる。


そしたら、ギターの宮野からFBメッセージ。

「大津留さん、古いソンのラテンをやろう」

ああ、スペイン語だ。

う~。スペイン語を教えてくれる先生を探さねば。

オイラの音楽人生、ああ、終わりが無いね~‘。


スポンサーサイト

先日の四谷メビウスのライブ、お客さに喜んで頂いたろうか。

何しろ、大枝さん夫婦の結婚記念日。

まあ、サプライズのつもりで、普段歌わない歌を唄った。

プレスリーのラブバラード『ラブミーテンダー』だ。

おかげで、奥様を泣かせてしまった。

他のお客様に、「女殺し~!」なんて言われたが、まあ、楽しいライブだったろう。

chika

14_11_12_oeda_n.jpg


その後に、学士会館でのディナーライブ。

何か、ステージ前にメンバーは、テーブルを頂き、黙々と食って飲んでた。

まさか、主催者は、こんなに呑んべいと思わなかったろう(笑)。


全く、そのせいではないが、このメンバーは普段から仲が良い。

リハーサルと称しては、カニを食って飲み会をするが、おかげで緊迫感が無い。

もちろん、その先頭を切ってるのが私だろうか。

馴れがあって、音数も多くボリュームも張ってきた。そして、ミスも目立つ。


自分のせいなのだが、此処で、もう少し初心に帰り、
アレンジを変えてシンプルにしたい。

仲の良いこのメンバーには申し訳ないが、人数を絞って小編成に、
そして、メロディーラインを書き譜に強いメンバーを加えることにした。

前々回、代官山の「シンプルボイス」のライブで、
盟友のジャズドラマー、海老沢一博氏が奥様を連れて聴きに来てくれた。
奥様はジャズシンガーとして、広く世界的評価の高い伊藤君子さんだ。

まだまだ、復活ライブを始めたばかり、
「まだ、聴きに来るのは早いよ~」
と言いたいが、其処は多少でもお金を頂けばプロの端くれ、
私なりの懸命のステージだ。

ただ、そこで海老沢氏に、多分親友としてのアドバイスだろうか、
忠言、苦言があった。

「つる~、お前の英語は、ナマリが強い、
横文字の歌より、自分の曲、お前の歌を唄え」

20数年前に、私がリーダーで彼がドラマーだったホーン入りのライブバンド、
全て私のオリジナル曲だった。

時代的には早すぎた感はあるが、それは50年代のジャズやラテンの雰囲気を持つ、
7人編成のバンド。バックメンバーの豪華さもあって中々良いバンドだった。

たぶん、海老沢氏が言いたいのは、
無理に英語力の無い私が、スタンダードジャズを歌うより、当時のように、
私のカラーを出したライブステージの方が良いと言いたかったのだろう。


まあ、心に刺さるキツイ言葉だが、前向きに捉える。


そんなこともあって、シンプルにし、アレンジで曲想を変え、
徐々にだが自分のオリジナル曲を増やす事を考えたのだ。

とりあえず、八丈島でのクリスマスライブだが、
昭和のジャズの香りがするオリジナル曲、「プレスコットクラブ」と
「気の弱いラグタイムボーイ」の2曲を加えた。

バンドも、ドラムレスにして音量を絞り、私がコンガを叩いてラテン色を強める。

メロディーラインには、芸大からバークリー音楽大学を経て、
多くの有名アーティストと共演、実力派のバイオリン、森里子が加わった。

都内でのライブは5月頃からだろうか、回数は多くはやらないが、
意欲的で、私らしいエンターティーメントな楽しいステージを作っていきたい。

14_11_13_papa_live.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。