ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日の四谷メビウスのライブ、お客さに喜んで頂いたろうか。

何しろ、大枝さん夫婦の結婚記念日。

まあ、サプライズのつもりで、普段歌わない歌を唄った。

プレスリーのラブバラード『ラブミーテンダー』だ。

おかげで、奥様を泣かせてしまった。

他のお客様に、「女殺し~!」なんて言われたが、まあ、楽しいライブだったろう。

chika

14_11_12_oeda_n.jpg


その後に、学士会館でのディナーライブ。

何か、ステージ前にメンバーは、テーブルを頂き、黙々と食って飲んでた。

まさか、主催者は、こんなに呑んべいと思わなかったろう(笑)。


全く、そのせいではないが、このメンバーは普段から仲が良い。

リハーサルと称しては、カニを食って飲み会をするが、おかげで緊迫感が無い。

もちろん、その先頭を切ってるのが私だろうか。

馴れがあって、音数も多くボリュームも張ってきた。そして、ミスも目立つ。


自分のせいなのだが、此処で、もう少し初心に帰り、
アレンジを変えてシンプルにしたい。

仲の良いこのメンバーには申し訳ないが、人数を絞って小編成に、
そして、メロディーラインを書き譜に強いメンバーを加えることにした。

前々回、代官山の「シンプルボイス」のライブで、
盟友のジャズドラマー、海老沢一博氏が奥様を連れて聴きに来てくれた。
奥様はジャズシンガーとして、広く世界的評価の高い伊藤君子さんだ。

まだまだ、復活ライブを始めたばかり、
「まだ、聴きに来るのは早いよ~」
と言いたいが、其処は多少でもお金を頂けばプロの端くれ、
私なりの懸命のステージだ。

ただ、そこで海老沢氏に、多分親友としてのアドバイスだろうか、
忠言、苦言があった。

「つる~、お前の英語は、ナマリが強い、
横文字の歌より、自分の曲、お前の歌を唄え」

20数年前に、私がリーダーで彼がドラマーだったホーン入りのライブバンド、
全て私のオリジナル曲だった。

時代的には早すぎた感はあるが、それは50年代のジャズやラテンの雰囲気を持つ、
7人編成のバンド。バックメンバーの豪華さもあって中々良いバンドだった。

たぶん、海老沢氏が言いたいのは、
無理に英語力の無い私が、スタンダードジャズを歌うより、当時のように、
私のカラーを出したライブステージの方が良いと言いたかったのだろう。


まあ、心に刺さるキツイ言葉だが、前向きに捉える。


そんなこともあって、シンプルにし、アレンジで曲想を変え、
徐々にだが自分のオリジナル曲を増やす事を考えたのだ。

とりあえず、八丈島でのクリスマスライブだが、
昭和のジャズの香りがするオリジナル曲、「プレスコットクラブ」と
「気の弱いラグタイムボーイ」の2曲を加えた。

バンドも、ドラムレスにして音量を絞り、私がコンガを叩いてラテン色を強める。

メロディーラインには、芸大からバークリー音楽大学を経て、
多くの有名アーティストと共演、実力派のバイオリン、森里子が加わった。

都内でのライブは5月頃からだろうか、回数は多くはやらないが、
意欲的で、私らしいエンターティーメントな楽しいステージを作っていきたい。

14_11_13_papa_live.jpg

スポンサーサイト


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。