ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新ユニットのライブ

3月26日(木)は、八丈島のライブハウス「ポットホール」プロデュースで、
世界的アコーステックギターの名手、宮野弘紀と女流ジャズピアニスト槙田由紀、
それと私の、ニューユニットYuki&Miya&Otsuru、『Y,M,O』のライブです.
(取ってつけたような名前ですみません)。

宮野はご存知、マイルスディビスの名プロデューサー、テオ・マセロが見出し、
ニューヨークレコーディングで衝撃デビューしたジャズ、アコースティックギターの草分けです。
(本人は、こう云う宣伝文句みたいな事を言うと、嫌がると思う)
そして、多くの有名ジャズプレイヤーとのレコーディングやステージを重ねて来た。

現在は奥様で、ボサノバシンガーとして有名な伊藤ノリコとのステージも、
定期的に行っている。


ジャズピアニストの槙田は、武蔵野音楽大学からジャズピアニストをめざし
アメリカ・バークリー音楽学院に入学、
帰国後は有名ジャズプレイヤーとの共演も多く、
近年はリーダーアルバムの「ことり」を好評発売。

活躍中の、気鋭ジャズピアニストと言って良いでしょうか。


私は、まあ、キャリアだけは十分だったのですが
(宮野も、彼がが20歳ころ、私のバンドに在籍していたこともある)、
何しろ24年ぶりの復活を果たしたものの、
まだまだ錆の多いJAZZボーカル。

まあ、島では中高年のアイドルで通っているが、
2人の力に頼ったステージになるだろうか。

ただ、宮野は大きくゆったりしたリズムに乗せた彼独特の世界感を表現するギターリストだ。

槙田は、しっかりしたジャズ理論をもとのオーソドックスなジャズ表現を大事にする。

そして、私は昭和のジャズから「楽しく無ければ音楽ではない」的な抱腹絶倒ステージ。
(決してコミックバンドではない)
まあ、喜怒哀楽を表現するエンターメントだろうか。

それは、もしかしたら相当にかけ離れた両極端のユニットかも知れない。

しかし、お互いに気心の知れた間柄でもあるから、
それは其々の音楽スパイスを持ち込み、
五目混ぜ御飯的なステージになるだろうか。

私は、その後に4月19日(日)に、四谷メビウスで、
今までのバンド「Oldman Jazz& bluse mind」
(ベース・高木伸治、バイオリン・森理子、ギター・後藤卓司、ボーカル・パパ大津留)、
そのユニットでライブ行う。

それも、私が今度出版した本(釣りの本)のササヤカな出版記念も兼ねるという、
無理矢理に詰め込んだものだ。

東京近郊の方々は、そちらに来て頂くとして、
取りあえず八丈島のライブは、新曲のふんだんという事で、
来れる人は飛行機に乗ってきてほしい。

そして、五目混ぜ御飯のステージに期待して頂きたい。

YMO


スポンサーサイト


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。