ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第759回「筋肉痛になりますか?」
FC2 トラックバックテーマ:「筋肉痛になりますか?」


うむ、小学生のころから釣りをやっている。


中学生のころは、オヤジからもらったアユ竿で青森の追良瀬川を釣り歩いたが、それは重い竿だった。多分筋肉痛はあったろう。


高校生の頃は喧嘩に明け暮れ、筋肉痛どころか生傷が絶えない。


ミュージシャンは1970年代,日本では画期的な歌って踊るホーンが主体のデスコバンドをやっていた。毎日ダンスの練習で、筋肉痛。

合間の余暇は、防波堤の釣り。磯釣り。マダイなどの船釣り。
ダンスに比べりゃ、筋肉痛なんかない。


大物指向で、泳がせ釣りもやった時期はある。

如何にも魚と格闘なんて能書きこいたが
ウィンチ釣法だから、大して力なんかいらない。

大きな魚を釣るから、チカラがいるかと云うと、それは慣れとコツ、
デカイカンパチを写真に撮って威張るが、そんなんで筋肉痛にはならない。

腰痛にはなるが、あれは持病です(笑)。



最近は肋骨を左2本、右1本痛め、咳やクシャミでもしゃがみ込むほどイタイ。

でも筋肉痛ではない。

それでも、釣りをする。

ようするに大型の魚を釣り上げるのは、筋肉ではないということだ。


青森のクロマグロを釣った時は、さすがに9時間以上のやり取りだから、
筋肉が軋んだ。それこそ100キロ以上もあれば筋肉痛になる。

先日、50キロのキハダマグロを釣った。

40分ぐらいかかった。

他に、30~40キロクラスを3本釣ったので、多少の筋肉痛はあった。


筋肉痛は、体力と、その労働量によってだろうか。

キハダマグロ50キロ


今回ブログのテーマは「筋肉痛になりますか?」なので、
チョッピリ見栄を張っている。

魚釣りですから、そりゃ好きなことを遣っているので、筋肉痛も何のそのです。

スポンサーサイト

テーマ:八丈島の釣り - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。