ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2トラックバックテーマ  第789回「あなたにとっての平和とは?」


FC2トラックバックテーマ  第789回「あなたにとっての平和とは?」



私は戦中生まれ。

終戦の食い物のない時代に育って、その頃は父親は栄養失調でかっけに苦しんでいた。

母親の着物は僅かなコメを買うために、一枚一枚箪笥から消えていく。

それでも子供だった私は、毎日のように学校から帰ると、野に山に遊んでいた。

その頃の遊びは、山では木の実を獲り、川では小魚を獲り、海では魚や貝やエビ、カニを獲って遊んだ。俺は遊びの天才だったね~。

それは、悲惨な戦争の名残はあって、決して豊かな生活ではなかったが、何よりも平和を皆がかみしめていた時代だ。

もちろん、私達子供が獲った食べ物は、家庭の食卓に並び、ささやかな家庭平和を演出する。

その頃には、栄養失調だった父親も病状が回復し、おいらの獲ってきた小魚の串焼きを肴に、一本ぐらいの燗酒が食卓を飾る。

そりゃ、物のない時代だが、心だけは豊かになった気がした。

やはり平和が、幸せを築いていく。

しかし、悲惨な戦争などの恐怖を、体験するからこそ平和の大事さを実感する。

平和ボケはいけないね~。

何時の時代も、戦争を繰り返す。

つかの間の平和はあるが、その平和が少しばかり続くと、人間はすぐに悲惨な戦争を忘れてしまう。そして誰もが持つ、憎しみ、恨み、ねたみ、などの悪い感情をコントロール出来なくなる。

凄惨な事件の多い今の時代は、その予兆かも知れない。


もし、皆が子供の頃の童心に帰り、海に、山に、魚釣りに夢中になったら、戦争はなくなるかもしれない。


私は釣りが大好きだ。モチ、子供の頃から。大人になっても。老人になっても。

だから、争いは嫌いだ。平和が好きだ。

戦争になったら、大好きな釣りが出来なくなるもの・・・・。

そして、今日も釣りをしている。八丈島で。

turigasuki


八丈島の釣り情報。パパズインのHPはコチラ。


スポンサーサイト

テーマ:八丈島の釣り - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。