ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


危うく勘違い?。
最近良く釣れている。

島の磯釣りは絶好調だろうか。それとも私が?。


こんなに好調だと、自分が天才ではないか?と勘違いする。そうとう上手いのでは?と勘違いする。
(そんな勘違いに、一生気がつかない人もいる)


しかし、自然は簡単ではない。

そんなに甘くはないのだ。


一昨日、石積に行った。

北風が強く、風裏しか釣りの出来る状況ではなかった。

ムロアジの猛攻もあり、シマアジの30センチクラス5尾で終わった。

メジナは木っ端だけである。

これは技術ではなく、場所のせいかとも思う。風のせいかとも思う、

勘違いしそうだ。



昨日は渡船した。

風が強く、セイズゴウしか入れない。

古河原チャンと一緒だ。


彼は45センチクラスを4~5枚釣ったろうか。

私は40センチのメジナ1尾とシマアジ1尾に終わった。


古河原ちゃんと一緒だからいい訳しようがない。

水温は3度上がったのでそのせいか?風の強いせいか?。

でも、条件は同じなので言い訳のしようがない。

しいて言えば奥のポイントに入ったせいか、いやいや。

危うく、勘違いしそうだ。


自然は読み難い。

人間様の思うように行かないのも魚釣りだ。

帰りは一層風が強くなる。


渡船の本島に向かう船の中で、大きな虹が見えた。

時化の海から振り返ると、後にした八丈小島は晴れ上がっている。

しかし本島は雨に霞みそこから透けるような二重の虹は美しかった。

雨と飛び交う潮から庇うようにニコンのD2Xを取りだしシャッターを切る。


荒れた海、晴れた空、降りしきる雨、美しい虹、何というコントラストだろう。

niji


自然は読みにくい。

今日も自然に教えてもらった。



パパズインの情報

パパズインの宿泊、お問い合わせ

04996-2-3888  メール info@papasinn.com


パパズインの磯釣り動画は コチラ。


スポンサーサイト

テーマ:八丈島の釣り - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。