ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安易なアシストフックで失敗の巻き。
一昨日、昼は用事があったので、夕方になってから磯釣りに行く予定だった。

しかし、昼に用事がキャンセルになって時間が空いてしまう。


パパは暇な時間を許さない!、なんてことはないが、時間を持て余すので防波堤にキャスティングの練習に行くことにした。

これが島の良いところで、暇になったら直ぐに竿を持って1~2時間ぐらいの釣りは出来る。

特に港は歩いて4分でロッドが振れる。


ただ、近場はやっぱ魚が少ない。

まあ、釣れても釣れなくても良い練習がてらの釣りなので、ボート用のキャスティングロッドにPE4号、リーダー80ポンドだ。

釣れるつもりはない。さらに、根掛りは嫌だ。

なので、ジグに比べて小さめのアシストフックを付ける。

jig2



防波堤の先端で、キャストを始める。


カゴ釣りのおっさんが、コマセをバラまいていて、その横でキャストをしたので嫌な顔をした。

「後からきて、海の中を掻きまわすなよ~、邪魔くさい」

「この海を全部が貴方のものってな訳じゃないだろう。コマセで汚すよりはマシだろ」

実際に言い合ってる訳ではない。腹の中の会話だ。


メタルジグは鉄ジグの90グラム。このジグは最近キャスティングで効果をあげている。

ペンシルなどでは食い渋る時は、ヒラマサはこのジグだろう。

そして、このジグがラインを通してガクガクっと魚の生命感を伝える。

いきなり、ロッドが引き込まれる。

6~7キロのサイズだろうか。


しかし、足元まで寄せたところで、フッっと抜けた感じ。

ラインブレークではない。針ハズレ。

メタルジグに、歯形がついている。大型のハガツオだった。

jig1



やはり、練習のつもりで小さいフックを付けていたのが後悔の元。

「いや~、海だから~、何が起こるか判んないね~」



パパズインの宿泊、ガイドのお問い合わせは

04996-2-3888     メールは info@papasinn.com

HP コチラから







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。