ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


確かに、力は落ちたろうか?。
島に来て24年。

釣り好きが嵩じて島に来た。

別に音楽から逃げ出した訳ではない。

ちょい、好きな釣りを、目一杯やりたかった。

しかし、ペンションなるものを営って、こりゃ生半可では出来ないと思った。

でも、島に来たのだから、そりゃ釣りはする。

であれば、ペンションを釣り客でいっぱいにすれば良いと思った。

でも、コリャ生半可ではできない。そうとうだ。


その為に、24年間は音楽を封印してきたのだ。

しかし、ペンションも、それなりにお客さんも来るようになって、
またローンなどもめでたく完済、少しは身軽になってきた。

更に、その間に父が逝き、母が逝った。


そして、オイラは68歳。70歳が間近という年齢になった。

もう先が見えてきたと言って良い。



そして、今年の3月に「もう良いではないか」こんな気持ちで、音楽の封印を解いた。



しかし、物事は簡単ではない。

24年のブランクは相当である。

確かに力は落ちたと言うより、ゼロと言った方が良い。


話では、3年のブランクを取り戻すためには、その倍は掛かると言う。

では24年の倍、48年以上の精進がいると云う事か。

その頃には死んでしまうワイ。


勿論、春高楼の花の宴、…昔の光今いずこ~。昔に戻るべくは無い。


でも、音楽のやってない24年だが、この島での生活は、決して無駄ではないだろう。

まあ、なんて言おうか、それなりの人生経験、その吉備は踏んできたろうか?。

そう思いたいし、その思いで前を向かなければ、40年以上一緒にいて、
さらに、この期に及んでのジタバタを応援してくれる、62歳の妻にも申し訳ない。


今年の3月に『24年の攪睡』そんなタイトルで音楽活動を復活した。

簡単には先の見えない活動、。更に、この年なのだから、力強く前進なんてのはあり得ない。


しかし、島での24年を糧に、自分の技、エンターティーメントの熟成を計りたい。


皆さんに、一度は聴いて頂きたいし、口幅ったいが、是非とも
オイラのドンキホーテみたいなパフォーマンスや、ステージへの想いと
果てるまで続けると云う、心を感じて欲しい。


来年は3月頃に都内ライブ、5月には島のライブ、他に4月にも予定はあるのですが、
未だ日程は決めていません。

古いジャズと云うよりは、40~70年代のクラブやダンスホールジャズ喫茶の音楽です。

どうか、興味のある方は、後程に日程を告知しますので、いらしてください。

13_12_28_papa.jpg

ただただ、楽しいです。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ VOCAL - ジャンル:音楽


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。