ジャズボーカル パパの世界 【ライブ情報など】


プロフィール

papa-otsuru

Author:papa-otsuru
八丈島在住のミュージシャン、パパ大津留はアングラーとしても有名です。
このブログでは、ジャズボーカル『パパ大津留』として、日々の暮らしやライブ情報、そして少しばかりシュールな詩の世界をご紹介します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メモリー
kanashii

歌には、悲しくなる歌、楽しくなる歌、色々ある。
それは、その旋律や、調性によるものだろうか?。

「あめあめ~ふれふれ~母さんは~、蛇の目でお迎いうれしいな~、
ピッチピッチチャップチャップランランラ~ン」

この歌はタイトルが漠然として思い出せない。

それは、母親が傘を持って迎えにくる、
そんな明るい唱歌だが、子どもの頃の僕には
なぜか悲しく感じる歌だった。

ぼくの両親は教師である。

それは、雪国、津軽地方で小さな小学校の校長だった父は、
2~3年毎に転勤をくりかえし、
家族もその度に転勤先の学校住宅を転々とした。

そこは、たいがい学校の教室から住宅へと廊下でつながっていて、
当時、学校にあがる前の小さなぼくには、
休日の生徒のいない校舎は格好の遊び場であった。

母はその頃すでに教師をやめていたが、
それでも学校が休日の時には姉と小さなぼくを連れて、
いつも音楽室でオルガンを弾き歌をうたった。

それは、かすかな記憶であるが、音楽室には
バッハ、ベートーベン、ヘンデル、モーツアルト、ブラームス、
などの大きな肖像画が壁いっぱいに飾られていて、
ぼくには何時も、日差しが入り込む暖かい場所であった。

母はいつも元気だったが、
そのわりにはたどたどしいオルガン伴奏で
何時も楽しそうに歌をうたい、
ぼくたちも大声で一緒に歌った。

そんな母の歌った歌の中で、唯一悲しく感じる歌が、
このタイトルを知らない歌、
「ピッチピッチチャップチャップランランラ~ン」
なのだ。

そんな遠い子供の頃の記憶だ。


だいたい、雨の日は湯鬱になる。

それは鬱陶しい空のせいかも知れないが、
その時に母のオルガン伴奏で必ず歌う、
あの歌のせいかも知れない。

その頃の母は、学校の図書室から沢山の本を持って来て
時々読んでもくれた。

記憶に残っているのは「乞食王子」や「母をたずねて3千里」
などのイワユル「母恋もの」や「みなしごもの」。

他にも沢山の本を読んでくれたが何故かこの
「母恋もの」や「みなしごもの」だけが、
私の記憶に残っている。。

その頃はまだ戦後の名残のあった時代だ。

都会にも田舎にも戦災孤児達が溢れていたので、
それは尚更であったのだろうか。

子供心に可哀想なみなしご物語を聞かされる。

「蛇の目でお迎いうれしいな~、
ピッチピッチチャップチャップランタンラ~ン」

こんな歌詞が、どうしても母のいない可哀想な子が
校庭で雨にぬれながらポツンと立っている、
そんな情景が子供心に思い浮かんだのだろう。

それは戦後の貧しかった時代である。

教師の父は休日のたびに食べもの捜しに奔走し、
母の着物は米にイモにと代わっていった。

しかし、ひもじかったが心は豊かで明るかったと思う。

ぼくの幼かったころ、遊び場だった小学校、
晴れの日の暖かい音楽室、妙に明るい母の歌声、
それに比べて雨の日のあの歌だけが、何故か悲しい。

今でも、あの「あめあめ~ふれふれ~母さんは~」、
あの歌を聞くたびに、何故かぼくは悲しくしなってしまう。

そして、そんな僕の母は、先月の3日に
100歳と2ヶ月の生涯を閉じた。




テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽


パパの詩
1990年代に作った曲ですが、最近は歌ってませんね~。

ポケットウィスキー一杯の幸せ

足元を光で照らし懸命にかけてきた
その光はただ明る過ぎて 周りが見えてこない
風は冷たく街の色を重たげに運んでいる

ポケットウィスキー一杯 ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の幸せ
ポケットウィスキー一杯 ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の愛

落ち葉で埋もれた暗い路を歩く方が良かった
みえ過ぎるのは見失う おだやかな時間(とき)が欲しい
生る意味はすでに褪せて背負うものなどない

ポケットウィスキー一杯  ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の幸せ
ポケットウィスキー一杯  ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の愛

無情の街その人ごみは色を混ぜ合わせている
肌に走るその吐息は邪悪のうた
迷い路を目をとじて道標をさがす

ポケットウィスキー一杯 ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の幸せ
ポケットウィスキー一杯 ポケットウィスキー一杯 
ポケットウィスキー一杯の愛





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


出漁率
釣り後家と言う言葉がある。

これは釣り好きが嵩じて、留守がちになってしまう事を言うのだろう。

しかし、遠洋マグロの漁師ならいざ知らず、釣りで何日も留守なんてのは相当釣り好きだ。

私のように、海外や日本各地の取材などで駆り出されても年間で数回、長くても10日間ほどの留守だから、それだけで生活の糧に出来るようなものではない。

八丈島は、黒潮本流に近い離島であるから、魚影は濃い。

しかし、年間で3300mmもの降雨量であるから、他に比べれば時化も多い事になる。

島の漁師たちの出漁率の平均が20パーセントと言われるから、相当に海に出ている真面目な漁師でも100日、3割に満たないと言う事になる。


島でガイド業をしている私だから、海に出る事も多い。磯釣りであれば圧倒的に冬季。

渡船もシケがあるので毎日出るわけではない。冬場の海の荒れる時期で風裏を探して入る。

お客さんがいなくても、自分1人で行く事もあるから、まあそれでも2日に一回のペースであろうか。


春には、お客さんのいないときはカツオ漁の手伝いで船に乗る事もある。しかし大概は船釣りガイド、ジギングガイドだ。それでも、シケがあるので、2日か3日に一回のペースで多い方かもしれない。

夏場は、やはりジギングやエサ釣りのガイドだが、トローリングガイドもある。海もナギなので、ほぼ毎日のように沖に出る。それでも台風等があり、昨シーズンは少なかったが8~9月で15日はつぶれたろうか。

ちなみに台風の時は、風裏の磯釣りだって、絶対に出来やしない(夏場は磯釣りが少ないが)。

秋は私の好きな季節だ。台風も後半は減り、出漁率は上がる。

それでも3日に一回のペースだろうか。

毎日出ていてるようでも、シケが3日も続くことがある。


秋から冬にかけては、船釣りの他に磯ガイドも多くなり、まあ2日に一回のペースで海に出るだろうか。

でも、これだけ毎日のように海に出ているようで、360日の内で半分釣りに出るのは至難の事だ。

それは、釣りを職業にしても、30パーセントの出漁率で凄いと云う事になる。

もっとも、港内でルアーテストしたり、お客さんのサビキ釣りを手伝ったりは回数にな入れないが(笑)。


我が家では、家内は釣り後家かもしれない。しかし、釣りを職業にしているからで、海に出れない時化の時でも、毎日のように海を見回り、港に係留している船に気を配る。

ガイド業はお客様の安全にも気を配る為に、常に何処の磯には何人、何処の防波堤には何人、渡船は何人出かけたか、そして、沖に出た時には船から、磯場の状態に気を配って眺める。

そして、原稿の終われる日々であるから、それはパソコンを前に座る時間も多い。

とにかく寝ない男だから、一日の平均睡眠時間が5時間。

それでも出漁率30パーセントだ。

same

(途中で糸を切りたいところだが、お客様の要望もあって、安全を考えながらキッチリと船上に釣り上る)


安易なアシストフックで失敗の巻き。
一昨日、昼は用事があったので、夕方になってから磯釣りに行く予定だった。

しかし、昼に用事がキャンセルになって時間が空いてしまう。


パパは暇な時間を許さない!、なんてことはないが、時間を持て余すので防波堤にキャスティングの練習に行くことにした。

これが島の良いところで、暇になったら直ぐに竿を持って1~2時間ぐらいの釣りは出来る。

特に港は歩いて4分でロッドが振れる。


ただ、近場はやっぱ魚が少ない。

まあ、釣れても釣れなくても良い練習がてらの釣りなので、ボート用のキャスティングロッドにPE4号、リーダー80ポンドだ。

釣れるつもりはない。さらに、根掛りは嫌だ。

なので、ジグに比べて小さめのアシストフックを付ける。

jig2



防波堤の先端で、キャストを始める。


カゴ釣りのおっさんが、コマセをバラまいていて、その横でキャストをしたので嫌な顔をした。

「後からきて、海の中を掻きまわすなよ~、邪魔くさい」

「この海を全部が貴方のものってな訳じゃないだろう。コマセで汚すよりはマシだろ」

実際に言い合ってる訳ではない。腹の中の会話だ。


メタルジグは鉄ジグの90グラム。このジグは最近キャスティングで効果をあげている。

ペンシルなどでは食い渋る時は、ヒラマサはこのジグだろう。

そして、このジグがラインを通してガクガクっと魚の生命感を伝える。

いきなり、ロッドが引き込まれる。

6~7キロのサイズだろうか。


しかし、足元まで寄せたところで、フッっと抜けた感じ。

ラインブレークではない。針ハズレ。

メタルジグに、歯形がついている。大型のハガツオだった。

jig1



やはり、練習のつもりで小さいフックを付けていたのが後悔の元。

「いや~、海だから~、何が起こるか判んないね~」



パパズインの宿泊、ガイドのお問い合わせは

04996-2-3888     メールは info@papasinn.com

HP コチラから









釣りの楽しみ方
先日のフィッシングショーでのトークショーは、まあ魚の釣り方なんて話もするが、ほとんどは環境問題みたいな話で当然に人気はない。

「魚が無くなったら、釣りが出来なくなるんだから、魚は程々に持ち帰りましょう」てな話だから、中には耳の痛い御仁も多いことだろう。でも、魚が釣りたくて、その道具を見る為にフィッシングショーに行くのだからね~。

しかし、私は闇雲に「リリースしなさい、魚を逃がっせ!」なんてことは絶対言わない。

せっかく美味しい魚を釣ったのに、「逃がしなさい」それは酷だろう。

私だって釣った魚は、美味しく食べたい。

あくまでも、釣り過ぎは良くないから程々に、てな話なのである。


我が家は、この時期お客様が少ない(一応、釣り人を受け入れるペンションをやっている)。

私にとって暇はとっても良い状態で、それはガツガツは仕事をしたくない。釣りに行きたいからだ。

なんて「横着な奴だ」と思うかもしれないが、元々釣りが好きで八丈島に住んだのだから、釣りが出来ないなら仕事もクソもない。

仕事と貯蓄に精を出して、気がついたら墓の中なんてのはあまりにも悲しい。元気な内に楽しむものは楽しみたい。


そんなわけで、毎日のように磯釣りに出かける。

昨日も「ヨノモウ」という磯場に行ってきた。

けっこう釣れたが、45センチぐらいのメジナと40センチのブダイを2尾だけ持ち帰った。

これで十分。そこで、今日はお隣の鴨下さんをお誘いしてメジナパーティーをやることにする。


この2尾で、2家族分の胃袋を十分に満足させられるだろう。

ryouri1


まず、昨日の内に血抜きをし水気を取って冷蔵庫に入れておいたメジナを、3枚におろし布巾に包んで熱湯をかける。

海から汲んできて、十分に冷やしておいた海水に漬けて熱を取り、また乾いた布巾にくるんでチルドに。

食べる時に、皮の着いている方に横に二本ほど包丁を入れてから、普通に刺身状に切っていく。


ブダイも3枚におろし、更に3枚ほどにそぎ切り。塩コショウにタイムを若干。1時間ぐらい置く。卵を用意し、卵黄だけ別の入れ物に。卵白は白葡萄酒をちょっと加えて、塩をひとつまみ。溶いてからブダイの切り身を漬ける。

ブダイの切り身は小麦粉をまぶして、フライパンにニンニク片と多めのオリーブオイルいれて両面を焼く。白葡萄酒を振りかけて蓋をする。中に火が通れば十分だ。皿に盛る。

買っておいたエリンギは半分に切って網で両面を焼き(焼く方が香ばしい)、魚の上に乗せる。

別に取っておいた卵黄を、ミルクを少々加えて溶きブダイを焼き終わって一仕事を終えた残りのオリーブオイルを加えて掻き混ぜ塩コショウで味を整える。このソースを魚とエリンギの上に掛け、パセリかカイワレでも飾ればOKだ。

テーブルには皮付きメジナのお刺身。

メジナのアラはお吸い物になってテーブルの横に。


メインディッシュは 「ブダイの卵黄ソース香りエリンギ添え」 、そして白ワイン。

ryouri2

何と豪華だろう。


メジナのお刺身は、しっとりと脂も上品にのってこの上なく美味しい。

メインディッシュは、ホクホクハフハフ、口の中にホアッと幸せ感が広がる。


たった2尾のお魚で、2家族が幸せになれるのだ。

明日のオカズは・・・、また明日釣りに行けばよい。

釣り過ぎて冷蔵庫に何日も仕舞い込み、まずくなって粗末に扱うよりはよほど良い。

毎日釣りに出かけ、毎日幸せでいられる。








テーマ:八丈島の釣り - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。